こんにちはゲスト様

萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) > しもきた茶苑大山 > トップ

しもきた茶苑大山

商品詳細

萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品)

萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品)
画像をクリックすると拡大表示します。

価格: ¥1,650(税込)送料別
商品番号: 23701
店舗名: しもきた茶苑大山

数量


決済方法:
代金引換、クレジットカード決済
送料・手数料:
こちらをご覧下さい
特定商取引法に基づく表記:
こちらをご覧下さい
この商品について問い合わせする

全商品
萬古焼 『焙烙 ほうろく』


萬古焼 『焙烙 ほうろく』で、自分で『手作りほうじ茶』を作りをしてみませんか?


●萬古焼『焙烙 ほうろく』(三重県四日市市、22cm、ガス火用、IH対応ではありません)



自宅焙煎のいりたてほうじ茶を熱湯煎出。目指すはロックアイス山盛りのマグカップ。
急冷した『ほうじ茶オンザロック』は猛暑厳しい夏の飲み物にイチオシ?
お好みで『梅干し』をダイブさせれば、熱中症対策にも完全装備?
ぜひ、美味しいほうじ茶をお楽しみください?



ほうじ茶用茶葉として『かりがね(茎茶)』『番茶』を御求めいただければ、ご家庭で簡単にほうじ茶を作りませんか!
しもきた茶苑大山が自信を持ってお届けする、人気の定番商品!
味の好みやライフスタイルに合わせてご利用ください。

・・・茎茶 かりがね 竹印 100g /【ほうじ用茶葉】お家で簡単にほうじ茶作り!

・・・【ほうじ用茶葉】番茶 200g /お家で簡単にほうじ茶作り!



ここがおすすめです!

関連商品(ほうじ茶用茶葉)

【ほうじ用茶葉】番茶 200g /お家で簡単にほうじ茶作り!


【ほうじ用茶葉】茎茶 かりがね 竹印 100g /お家で簡単にほうじ茶作り!

作り方:参考
===============

ほうじ茶作り方
(クリックすると別ウインドウが開きます)




お家でほうじ茶が作れます!

【ほうじ茶の作り方】
1:
適量の茶葉をティースプーン2〜3杯程度入れ、ガスコンロにかけます。この時、いり器に火の先端がつく位の位置で器を時折回しながら炒っていきます。

茶葉が動き出し、煙が出てきます。(煙はいり器を回しながら外へ逃がしてあげる)香ばし香りと茶葉が膨らんできたらいったん火から離します。

※炒り過ぎると焦げるのでご注意ください。
※持ち手が熱くなるのでご注意ください。

2:
いり器を斜めに傾けて、傾けた底の部分に火をあて炒ります。火から離しいり器をぐるぐると大きく回しながら茶葉を混ぜるます(中華鍋で炒め物を作る時の様に縦に振る)茶葉全体がまんべんなく炒られるように、2の作業を数回くり返します。

3:
茶葉が全体的にきつね色になったら、火を止め、余熱でぐるぐるいり器を回し、茶葉を動かします。

4:いり器の持ち手部分より。急須に茶葉を移し、お湯を注い出来上がりです。

===POINT===
●炒り方により、味の深みや渋みも変わってきますので、炒り方や時間を工夫しながらお好みの味でお召し上がりください。

●茶葉を焦がさないように、いり器を回し、茶葉全体をまんべんなく炒りましょう。
=========


茶師十段が2名いる日本茶専門店『下北沢:しもきた茶苑大山』

舌の肥えた方の多い下北沢から、あなたの気持ちに合った美味しい日本茶をご提案させていただきます。
「全国茶審査技術競技大会」は、日本茶の鑑識眼を競うもので、50年以上の歴史を持つ競技会で、個人戦優勝者には農林水産大臣賞が授与されます。
基準に基づき、初段から10段までの茶審査技術段位が認定されます。
(平成26年9月現在10段認定者は12名で、その内2名が弊店の従業員です)

『しもきた茶苑大山』
□所在地
 東京都世田谷区北沢2-30-2
□電話番号
 03-3466-5588
□営業時間
 茶販売(1階店舗)
  10:00〜20:00 月・火、木〜日
  10:00〜18:00 水曜日のみ
 喫茶・茶器(2階店舗)
  14:00〜18:00
□定休日
 原則として1月1日のみ(年始営業時間短縮あり)
 ただし喫茶(2階)は不定休
□アクセス
 小田急線・京王井の頭線 下北沢駅北口から徒歩2分横浜銀行わき(横浜銀行わき)

萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品)

萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品) 萬古焼 『焙烙 ほうろく』 (単品)
画像をクリックすると拡大表示します。

価格: ¥1,650(税込)送料別
商品番号: 23701
店舗名: しもきた茶苑大山

数量



決済方法:
代金引換、クレジットカード決済
送料・手数料:
こちらをご覧下さい
特定商取引法に基づく表記:
こちらをご覧下さい
この商品について問い合わせする

全商品

テナント紹介

●決済方法:代金引換、クレジットカード決済
 送料・手数料特定商取引法の表記お問い合わせ
販売商品一覧
2020/7/1より導入された『レジ袋の有料化』に伴い
ギフトパッケージ商品(化粧箱入り)を除き、
個別包装などのオプション対応は致しかねる事となりました。
何卒、ご了承のほどお願いします。
お手頃の値段で価値あるお茶を!
「茶師十段之茶」は、茶審査技術十段の兄弟それぞれの想いを表現したお茶

「全国茶審査技術競技大会」は、日本茶の鑑識眼を競うもので、70年以上の歴史を持つ競技会で、個人戦優勝者には農林水産大臣賞が授与されます。
基準に基づき、初段から10段までの茶審査技術段位が認定されます。
(2020年1月現在 10段認定者は 15名で、その内 2名が弊店の従業員です)

奇をてらわない、
飲み飽きしない渋みを効かせた味わい・豊かな香り

「茶師十段之茶」は自由な発想でお茶を選び合組(ブレンド)いたします。
どなたにも淹れやすく飲みやすいお茶を今年もご用意いたします。
「泰成」、「拓朗」 十段兄弟の違いをお楽しみください。

・・・茶師十段之茶「拓朗」
・・・茶師十段之茶「泰成」
・・・「茶師十段之茶 泰成・拓朗」詰め合わせ <贈答用箱入り>

茶師十段之茶の「水出し緑茶」オリジナルティーバッグ
所詮ティーバッグと侮るなかれ!ここにも十段の眼は効いています!
涼やかなおもてなし、水出し緑茶を、
お手軽にお楽しみいただけるティーバッグにしました!
・・・【ギフト】茶師十段之茶 オリジナルティーバッグ 水出し緑茶×3


茶師十段の「水出し煎茶」
単に『冷たいお茶』では片付けられない、
飲み応えある、茶師十段 : 大山拓朗の合組。
暑い日のおもてなし好適品。心身ともにバランス整った夏を過ごしましょう!
・・・【ギフト】茶師十段の『水だし煎茶』 100g ×2


 

店舗(1階)

●営業時間
 09:00〜19:00(2020年6月1日より)

●定休日
「水曜日を定休日」と致します。
6月の定休日(予定)
  3日 10日 17日 24日
7月の定休日(予定)
  1日 8日 15日 22日
※ 8月以降につきましては後日更新とさせていただきます。

●接茶サービス
お客様のご意向を確認させていただいた上で、適切な対応をさせていただきます。

喫茶(2階) 下記営業カレンダーをご参照ください ・・・喫茶カレンダー

今後も状況の変化に合わせ、随時適切な対応を心掛けてまいります。
変更内容は店頭およびホームページにて告知致します。
状況により行き届かないことがあるかもしれませんが、ご賢察願えれば幸いです。

ご来店時に公共交通の利用が必要なお客様には、『オンラインショップ』のご利用もしくは電話などでのご注文をご推奨致します。
・・・オンラインショップ

ご利用のお客様にはご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解の程よろしくお願いいたします。
下北沢:しもきた茶苑大山:茶師十段のかき氷 抹茶がリニューアルして登場!
マスコミで多数もたびたび取り上げられております「茶師十段のかき氷」
茶師十段の本格的な抹茶かき氷をお召し上がりいただけます。
かき氷でもラテ用抹茶としてもご利用いただけます!

しもきた茶苑大山のかき氷ファン、無類のかき氷好きの方には特にオススメ!
貴方のお店で、ご自宅で、大勢が集まるイベントごとなどにご利用ください!
【インターネット限定販売(店頭販売は行っておりません)】

2013年6月19日(水) 20時からNHKテレビで放送された「ためしてガッテン〜これぞスーパー日本茶 格安美味!幸せ1200倍」にて当店:茶師十段:大山泰成が『幸せ運び人』として出演致しました。
番組内で紹介されたほうじ器:SL沢の響号は、当店店頭にあり、当店で販売する「ほうじ茶」は、沢の響号でほうじたものです。

味はもちろん、香りが命のほうじ茶。
香ばしい美味しさを、手軽にささっと味わうことができるのもほうじ茶の魅力のひとつです。
しもきた茶苑大山では、温度や湿度によって微妙に加減調節しつつ、お客様に美味しく召し上がっていただきたい想いで、ほうじ茶を店頭でつくっています。

常滑焼 断熱いり器(ほうろく/ほうじ器)
自宅で簡単にほうじ茶をつくることができます。風味の良い、あなただけのオリジナルのお茶が出来上がります。ほうじ茶専用茶葉やご家庭で古くなった茶葉を入れて炒るだけで、簡単に美味しいほうじ茶になります。

碁石茶は約400年継承されてきた秘伝の製法で、精魂こめた60日間の手間と時間をかけたお茶です。

四国山地の山奥で『大豊の碁石茶』はつくられています。
江戸時代から秘伝の製法でつくられたこの碁石茶は、日本で唯一の伝統製法による完全発酵茶で『幻のお茶』と言われる希少なお茶=地域限定伝統生産物です。
このお茶にはからだが喜ぶすっぱさがあります。
日本で唯一の完全発酵茶。乳酸菌でイキイキ!

下北沢は昔、茶畑でした。
しもきた茶苑は、舌の肥えた方の多い下北沢で
お客様に合った美味しいお茶をご提案させていただいております。
弊店の自慢は、「全国茶審査技術競技大会」での成績で、もう一つは、「日本茶インストラクター」です。
この技術と知恵が、弊店のお茶全てに生かされています。

お茶の味と香りだけでなく、お茶をいれる間の時間・音や色も、ぜひお楽しみください。
 


ひとつのお茶でいろいろな味を楽しみたいあなた、気分転換したいとき、お客様に「おっ!」と嬉しい驚きを感じていただきたいときにおすすめしたいのは、煎茶です。

お茶の味は、「甘味(旨味)」、「渋味」、「苦味」の3つのバランスで成り立っています。
いれ方によって、違った味を楽しむことができるのです。
「苦味」だけを楽しんでませんか?
煎茶で 旨味・渋味・苦味の3つを、しっかり楽しんでいただきます!


 


ゆとりの時間とJapanese Teaをセレブに楽しみたい方、お茶のエキス・お茶の旨味を味わいたいとき、ツーランク上の味を楽しみたい方におすすめしたいのは、玉露。

お茶というより、お茶のエキス・お茶の旨みを凝縮した、まるでスープのような感覚。贅沢にお茶をお楽しみいただけます。
また、玉露をいれる際は、じっくり待ち時間を頂戴しております。急須にお湯を注いでから、おいしい玉露を飲んでいただくための時間も、お楽しみください。

あなたの「持ち味」は何ですか?
私の「持ち味」を楽しんでいただくには、お時間を頂戴いたします。


 


以前から気軽に飲まれてきたほうじ茶は、ふるさとのおじいちゃん・おばあちゃんを想うとき、おいしいご飯をお腹いっぱい食べてとても満足しているときに、ごくごくたくさん飲みたいときにおすすめのお茶です。

ほうじ茶は香りが命です。しもきた茶苑大山では、店頭でほうじ茶をつくっており、たくさんのお客様から、味も香りもご好評いただいている、自慢のほうじ茶です。

お熱いのがお好き?
はい、お熱いうちに香りとともにお召し上がり下さい。


 


お抹茶は「苦い」と感じていらっしゃる方も多いのでは?決して苦いものではありません。日本の雅な文化を味わいたいとき、背筋をしゃきっとして、気持ちを切り替えたいときにおすすめのお抹茶をご用意いたしました。

お茶菓子は助演、お抹茶が主演です。こんなにおいしい抹茶を、お茶会だけで楽しんでもらうわけにはいきません。

これまでのイメージと違う?
これが「抹茶」です。


弊店は、歴史も浅く、小さな店ですが、他に負けないものが二つございます。
一つは、「全国茶審査技術競技大会」の成績、もう一つは、「日本茶インストラクター」の資格です。

大山 泰成
  第47回全国茶審査技術競技大会優勝、茶審査技術 10段
  日本茶インストラクター 01-0047
  

  

大山 拓朗
  茶審査技術 10段
  日本茶インストラクター 01-0046
  


日本茶に関する全国トップレベルの技術と知識が、弊店のすべてのお茶に生かされています。

●全国茶審査技術競技大会
日本茶の鑑識眼を競うもので、50年以上の歴史を持つ競技会です。個人戦優勝者には農林水産大臣賞が授与されます。また、基準に基づき、初段から10段までの茶審査技術段位が認定されます。(平成26年9月現在、10段認定者は12名で、その内2名が弊店の従業員です)

●日本茶インストラクター
日本茶の正しい知識と最新の学術的成果を広く一般に普及させることを目的に平成11年に発足しました。



店舗名 有限会社しもきた茶苑大山
住所 〒155-0031
東京都世田谷区北沢2−30−2
TEL 03-3466-5588
FAX 03-3466-5524
mail info@shimokita-chaen.com
定休日 水曜日(なお、毎月 27日、28日の特売品は除く)と致します。
ただし喫茶(2階)は不定休
営業時間 茶販売(1階店舗)
10:00〜20:00 月・火、木〜日
10:00〜18:00 水曜日のみ
喫茶・茶器(2階店舗)
14:00〜18:00
アクセス 小田急線・京王井の頭線
下北沢駅北口 横浜銀行わき
 
 
●決済方法 代金引換、クレジットカード決済
送料・手数料 こちらをクリック
特定商取引法の表記 こちらをクリック
 お問い合わせ

▲ページトップ

ページの先頭へ戻る