こんにちはゲスト様

15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) > 食器 ・ 店長おすすめ > トップ

商品詳細

15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格)

15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格)
画像をクリックすると拡大表示します。

価格: ¥45,900(税込)送料別
商品番号: 19697
店舗名: シニアのためのセレクトショップ 又酔居(ゆうすいきょ)
カラー: 世田谷区内特別価格
サイズ: 無し
在庫数: 5

数量


決済方法:
銀行振込、代金引換
送料・手数料:
こちらをご覧下さい
特定商取引法に基づく表記:
こちらをご覧下さい
この商品について問い合わせする

全商品
真葛焼ぐい呑み 特別割引価格:15%OFFで特別販売致します

通常価格
 54000円
せたがやいち特別価格
 45900円
※世田谷区民だけでなく、全国のみなさまに特別割引価格でお届け致します!


是非この機会にお求めいただき、ご利用いただければと思います(海外の方へのギフトでも是非ご利用ください)





【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ)


天啓赤絵(てんけいあかえ)は、中国明末期の天啓・崇禎年間(1621〜1644)に景徳鎮で焼成された色絵磁器に倣った作品。
文様は花網文。

奔放な筆づかいで網目を描いた下絵に釉薬をかけて焼成したあと、花の上絵を描いてまた焼成するという手間をかけて作り上げた。

高台内外にカンナ目を残し、絵付けでは上絵下絵ともに筆跡が残るようにざんぐりと制作して、天啓赤絵の雰囲気を写しました。




当店では「お猪口」よりも大きい「ぐい呑み」を日本にお住まい方だけでなく、
世界に住む外国人の方にも含めて、日本の陶器を世界中でお使いいただくために、
ぐい呑みよりも大きめの酒器「さけ呑み」をオリジナルで制作・販売しております。

「さけ呑み」シリーズの制作を京都の真葛窯にお願いしました。
真葛窯は、江戸時代の伝説的名工、真葛(宮川)長造の系譜をひく京都でも屈指の名門で、当主は六代宮川香斎氏です。
六代宮川香斎氏は、フランス:パリにて「京焼、真葛焼の歴史とその制作工程」との題で講演を行うなど、世界に向けた陶器の発信を行っており、世界の方に知って使っていただく事を考えている弊社との考えと一致し、依頼・製作していただきました。

お酒を飲む時だけでなく、お茶を楽しむ際にもご利用いただけます。
是非、ご自身で使用されるはもちろんのこと、外国人の方へのギフトでも喜ばれる逸品です。




■作者:真葛(まくず)焼 宮川香齊
■商品名:天啓赤絵(てんけいあかえ)
■大きさ:口径8.0cm、高さ6.8cm

※ひとつひとつ手作りですので、形、色、柄、大きさなどが微妙に異なります。あらかじめご了承ください。



================================
【ご注文に関して】
「世田谷区内の方」に限り特別価格にて販売いたします。
ご注文の際にバリエーションにて「世田谷区内特別価格」を必ずお選びいただきますよう
お願いいたします。
================================



================================
商品は在庫限りとさせていただきます。
ご注文いただきました商品が在庫切れの場合はメールでご連絡差し上げます。
================================


ここがおすすめです!

真葛焼(まくずやき) 宮川香齊(みやがわこうさい)氏

1944年、京都に生まれる。

1970年、東京造形大学美術学部卒業。その後京都の窯元で陶器造りをはじめる。

1976年に真葛窯に入り、五代宮川香齋の補佐をつとめる。

2002年、真葛六代宮川香齋を襲名。三越日本橋本店などで襲名記念個展を開催する。

以後、各地で個展を多数開催。

2007年には京都迎賓館開館にあたり「日の出鶴茶碗」「若松茶碗」「交趾牡丹紋水指 」(こうちぼたんもんみずさし)を納める。

現在は真葛の当代として、息子の真一氏とともに、伝統を生かしつつ、幅広い視野を持って作陶を続ける。


【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り









【開発ストーリー】京都の真葛窯に実現してもらった海外仕様の大ぶりぐい呑み 

海外で和食レストランが増えている。
盛り付けで目を楽しませる和食には和風の器がかかせない。
ならば酒器もぐい呑みがふさわしかろうと思う。
しかし、現実、ワインを飲むならワイングラスだ。

ぐい呑みが小さすぎるなら、海外仕様のひとまわり大きなぐい呑みを作ってもらおう。
そうすれば外国人にも、和食を食するときにぐい呑みを使ってお酒を楽しめる。
そういうぐい呑みを作れば、個人でもネットショップを使えば海外に販売できる。



では、どこに焼いてもらおうか。
小さなぐい呑みはコレクションに向いているせいか、全国のぐい呑みを集めているマニアが少なくない。
日本は陶器から磁器まで焼物の国なので、全国に○○焼きと呼ばれる著名な窯元が多数ある。
海外向けぐい呑みにも種類が複数存在する方が楽しかろう。
しかし、複数の窯元に依頼するのは手間がかかる。



そこで、京焼に頼むことにした。
京焼は「写し」と呼ぶ、全国の焼き物の趣を再現する技術が伝統的に優れている。
京都のお公家さんからの所望に応えているうちに、技術が蓄積したのだ。



京焼の中でも、海外なら真葛窯であろう。
明治期の日本は、軍艦を買うための外貨を稼ぐために、富岡製糸場をはじめとする生糸のほか、木工品、金工品、陶磁器など伝統工芸品を輸出した。

京都から移って横浜で窯元を置いた、真葛香山の生き物を精緻に再現した焼き物がヨーロッパでたいへんな評判となり、欧州各地で開かれた万国博覧会で入賞する等した結果「Makuzuware」が言葉として通じるようになった。



そこで、海外販路開拓のため「Makuzu」という名前のもつイメージに働いてもらおう、という次第。



2014年4月に真葛窯に制作をお願いしたところ、お引き受けいただけることとなって、その後半年かけて試作品を作ってもらいました。

真葛窯に引き受けてもらえたのは、ちょうど真葛窯でも世界中に愛好家を増やさないと、日本人相手だけでは市場が小さくなっていく、と危機感をお持ちだったからです。


試作の段階で苦労したことは、販売価格を抑えることでした。
真葛焼は京都の窯元ですから茶器を焼いています。
お茶の世界では、器を楽しみます。
味わい深い器はやはり高価です。
海外仕様ぐい呑みは、ネットショップで外国人が購入しやすいよう、できるだけ安価にしたい。



そこで、工夫したのは絵付けに関して、色数を減らして色使いのシンプルさを特徴にしたこと。
京焼では華やかな色を多種類使う傾向がありますが、海外仕様ぐい呑みシリーズでは、京焼にしては極めてシンプルな色使いにしてもらっています。
これは、制作原価をさげることを兼ねているのです。



実際に試作品ができたら、さらに色数を減らして試すために、何度も試作してもらいました。



このように目いっぱいコストを下げる工夫をしました。
一方、ひとつひとつ、ろくろから、絵付けまですべて手作業です。
また、1品種当たり最大でも1ロット20個という限定生産です。
その中で目いっぱい制作原価を抑えてもらって、これらの価格を実現しました。





真葛焼ぐい呑み:世界仕様のぐい呑み:さけ呑みシリーズとは

日本では、見た目や手触りに土を感じる焼き物である土器や陶器が磁器同様あらゆる器に使われてきました。
土を感じる器が発達してきた国はとてもめずらしいので、この日本の陶器を世界中で試してほしくて、古来「ぐい呑み」と呼ばれてきた酒器の世界共通仕様をめざすアレンジ版を販売します。

それが日本古来のものよりひとまわり大きな「ぐい呑み」として企画した「さけ呑み」です。
お酒を少しずつ注ぎ合いながら飲む習慣がある日本古来の「ぐい呑み」はワイングラスに比べてずっと小さかったですが、「さけ呑み」のサイズなら世界中のお酒を楽しんでいただけます。

「さけ呑み」シリーズの制作を京都の真葛窯にお願いしました。
真葛窯は、江戸時代の伝説的名工、真葛(宮川)長造の系譜をひく京都でも屈指の名門で、当主は六代宮川香斎氏です。
その最高の技を使ってつくりあげたのが「さけ呑み」シリーズです。


真葛焼ぐい呑み:又酔居オリジナル

真葛焼ぐい呑み:又酔居オリジナル

仁清写し
真葛長造の作品に倣って、信楽土をベースに多少の砂を混ぜた土、真葛焼伝統釉である藁灰釉薬を使った酒器




京唐津(松梅)
お酒のおいしさを堪能できるように、底を深くした厚手の酒器




染付朱巻(兎)
さけ呑みシリーズの中で最も小振りゆえに日本古来のぐい呑みに似たサイズの一品




乾山写し(秋草)
作風は自由闊達な絵付けや洗練された中にある素朴な味わいに特徴の酒器




天啓赤絵
奔放な筆づかいで網目を描いた下絵に釉薬をかけて焼成したあと、花の上絵を描いてまた焼成するという手間をかけて作り上げた酒器




京唐津(千鳥)
お酒のおいしさを堪能できるように、底を深くした厚手の酒器








さけ呑み専門店 又酔居(ゆうすいきょ)

世界で唯一の「さけ呑み」専門店

日本では、見た目や手触りに土を感じる焼き物である土器や陶器が、磁器同様あらゆる器に使われてきました。
土を感じる器が発達してきた国はとてもめずらしいので、この日本の陶器を世界中で使ってほしい。
こうした願いから、古来「ぐいみ」と呼ばれてきた酒器の世界共通仕様をめざすアレンジ版を京都・真葛窯の宮川香斎陶工と共同企画しました。
それが日本古来の「ぐい呑み」より一回り大きくした「さけ呑み」です。

日本酒を少しずつ注ぎ合いながら飲む習慣に適した「ぐい呑み」はワイングラスに比べてずっと小さかったですが、「さけ呑み」のサイズなら世界のあらゆるお酒に対応する酒器として使っていただけます。


15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格)

15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格) 15%OFF 【真葛焼 宮川香斎作】オリジナルぐい呑み 天啓赤絵(てんけいあかえ) /桐箱入り (特別割引価格)
画像をクリックすると拡大表示します。

価格: ¥45,900(税込)送料別
商品番号: 19697
店舗名: シニアのためのセレクトショップ 又酔居(ゆうすいきょ)
カラー: 世田谷区内特別価格
サイズ: 無し
在庫数: 5

数量



決済方法:
銀行振込、代金引換
送料・手数料:
こちらをご覧下さい
特定商取引法に基づく表記:
こちらをご覧下さい
この商品について問い合わせする

全商品

▲ページトップ